コスト削減のコンサルティングなら、株式会社オペラシオン

間接材コスト削減の重要性とインパクト

売上が伸び悩む昨今、企業が利益を拡大するためには、コスト削減が最重要課題と位置付けられます。
特に、製造業等で長年取り組まれてきた原材料費の低減に比べ、間接材(外部から購入しているモノ・サービス)のコスト削減状況は、不十分であることが多いです。

一方で、企業の総コストに占める間接材経費の規模は、一般に10%超と非常に大きく、例えば間接材経費を10%削減できれば、利益を1%以上押し上げることも可能です。これは、売上を10%以上伸ばすことに等しい効果です。

オペラシオンでは、様々な業界で培った間接材経費の削減ノウハウに加え、それぞれのクライアント様のコスト構造を正確に分析・把握することにより、これまでの業務に支障をきたすことなくコスト削減を実現いたします。

(1):大きな業務負荷
(2):接触サプライヤー(物品・サービス提供事業者)数が限定される
→ 最適なサプライヤーを選定しきれない

こうした問題に直面されたご経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、オペラシオンでは、間接材コストの削減コンサルティングサービスをお客様にご提供し、利益向上を支援させていただきます。

 

コスト削減コンサルの導入をご検討の方へ

コンサルティングと聞いて、法外なコンサルフィーを想像される方も少なくないかもしれません。しかし、オペラシオンは削減したコストに対し、その一部を成果報酬としていただくビジネスをしているため、結果的にお客様にデメリットが残らないのが特徴です。

コストの削減はもちろんのこと、業務負荷の低減や営業販路の拡張など、提案の幅は多岐に渡ります。お預かりするコスト情報とお客様のニーズを着実に分析し、コスト削減を主軸とした包括的なコンサルティングを行ってまいります。

 

ご興味をお持ちいただけましたでしょうか?
コスト削減は、「コストに対する問題意識」から始まります。当ページをご覧頂いているということは、お客様はその第一歩を踏み出していると言えます。
より細かなサービス概要やコスト削減の事例も当ページ内でご紹介しておりますが、ご覧いただくのがご面倒な場合や急を要するようでしたら、是非ともお気軽にお問合せフォームからご連絡をください。オペラシオンの専属コンサルタントがお客様の一員となり、コスト削減に尽力いたします。

PAGETOP